移住を始めるなら「田舎の都会」がちょうど良い!オススメの3つの移住スタイル

これから移住を始める方・検討している方にオススメのライフスタイルがあります。
それは、「田舎(地方都市)の中にある「都会」に住むこと」です。

都会といっても、大都市のようなビルや商業施設が立ち並ぶ都会ではありません。
地方にありながら、生活環境の整った中心都市という意味で都会と使っています。

「移住」と一言で言ってしまうと、一次産業しか仕事が無いような地方部やコミュニティが非常に濃いような「ど田舎」をイメージされがちです。
決してそんなことはありません。
地方都市でも生活拠点が集中している「地方の都会」であれば、首都圏に住むのと遜色ないくらい、生活に不便はしないでしょう。

ここでは、そんな「田舎の都会」でオススメしたい移住スタイルを紹介します。
移住の参考にしてください。

仕事は都市部・生活は田舎というスタイル

まず、オススメなのは「移住前と仕事を変えない」こと。
見ず知らずの街に移り住み、仕事も生活環境も全てを変えてしまうことはリスクが高く、時には上手くいかないこともあります。

オススメは、田舎で生活しながらも、仕事は都会の会社でテレワークやリモートワークを上手く活用しながら働くこと。
そして、都会から離れすぎず、何かあれば通える距離に生活拠点を置いておくこと。

これは、移住先を選ぶうえで非常に重要になってきます。

移住先を選ぶ一つの基準となってくるのが、
・都心まで車・電車・バスで1時間以内に通えるか
・極端に電車が走っていないような田舎ではないか
などが重要になってきます。

 

子育てを田舎で行うというライフスタイル

田舎での子育ても実はオススメのライフスタイルです。

その理由は、「子どもがいると、自然とコミュニティが出来るから」という理由があります。
移住後にその地域に馴染めるかどうかは、友人や地域のコミュニティと繋がりを作れるかどうかと密接に関わってきます。

特に、夫婦で引越しを行う時に、旦那さん主導で移住を決めた場合。
サーフィンや釣りやゴルフや仕事。
旦那さんの理由で移住を進んでいると、奥さんが地域に馴染めなくて、田舎での生活が嫌になるということが起こりえます。

そこで大切になってくるのが、奥さんも地方の生活に馴染めるかどうか。
その時に、子どもがいると、同じ年頃・同じ年代のママ友が自然と出来るようになります。

 

実際に、子どもがきっかけで地域に馴染めるようになり、地方での生活が楽しくなった。と話す移住者の方もおり、子育てをきっかけに田舎暮らしを行うことは実は大きなチャンスでもあるのです。

 

期間を決めた短期のお試し移住スタイル

いきなり、家を購入して移住するのはハードルが高いもの。
まずは、期間を決めて半年や1年の「お試し移住」はいかがでしょう?

子どもの学校や進学に影響が少ないタイミングや、老後の暮らしを見据えた移住など、地方での理想の生活を実現するために、まずは「お試し」で短い期間から試してみるのも一つの方法です。

 

お試し移住をした結果、
・思っていたよりも快適に生活できそう!
・思っていたよりも、馴染めないかも。。
どちらの結果になるか見えてきます。

家族を説得する際にも、期間が短いと分かっていれば同意を得られる可能性も高くなり、中々一歩踏み出せない。という方にもオススメの移住スタイルです。

 

まとめ

いかがでしょう?

・仕事は都市部・生活は田舎というスタイル
・子育てを田舎で行うというライフスタイル
・期間を決めた短期のお試し移住スタイル

3つの移住スタイルを紹介していきました。

どの時でも、住む場所や生活拠点に関する情報は必ず必要になります。
その時に、九十九里移住ナビの情報を思い出していただき、ご相談もらえると嬉しいです!

あなたの理想の移住を是非、実現させてくださいね!