iターンとuターンの違いについて解説します!

iターンとuターンの違いについてご存じでしょうか。
聞いたことはあるけれど、あまりよく分からないという方も多いのではないでしょうか。
この記事では、iターンとuターンの違いと、地方移住するメリットについてご紹介します。
多くの魅力をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

□iターンとuターンの違いとは?

「iターン」「uターン」という言葉をよく聞くこともありますよね。
ここでは、iターンとuターンについてご紹介します。

*iターン

まずはiターンについてです。
iターンとは、都会で生まれ育った人が地方に就職や転職をすることを指します。
都会にはない豊かな自然に惹かれた方や、旅行がきっかけで地方に魅力を感じた方などがiターンをする傾向にあります。

近年では、そういった方に向けて移住施策に力を入れている自治体や企業も多くなってきています。
さらに、フリーランスや起業家の人を歓迎している自治体もあります。

*uターン

次に、uターンです。
地方で生まれ育った人が都会で就職して働き、その後に、生まれ育った地方に再度戻ることを指します。
都会の生活に疲れたり、ゆったりとした生活を送りたいという方がuターンをする傾向にあります。

□地方移住するメリットについて

では、地方に移住するメリットは何が挙げられるのでしょうか。

まず、物価・住宅費を抑えられることです。
都会に比べると物価や住宅費が安いので、その分経済的負担も軽くなるでしょう。

次に、満員電車に乗ることが減ることです。
都会の場合ですと、毎朝満員電車に乗って通勤される方もいらっしゃいますよね。
しかし、地方であれば満員電車に乗ることが減りますので、満員電車のストレスから解放されます。

次に、子育てがしやすいことです。
都市部では待機児童の問題が深刻化していますが、地方であれば、都会ほど深刻ではありませんので、仕事と子育てを両立しやすいでしょう。

最後に、通勤時間を短くできることです。
通勤時間を短くできますのでワークライフバランスがとりやすく、親の介護や子育て等に時間を割けるようになるでしょう。

□まとめ

今回は、iターンとuターンの違いと、地方移住するメリットについてご紹介しました。
iターンとuターンの違いについてご理解していただけたでしょうか。
地方移住には多くの魅力がありますので、さまざまな点から検討することをおすすめします。
何かご質問や疑問点等がございましたらお気軽にご連絡ください。