地方移住の第一歩は「ちょうどいい地方都市」から!地方移住でストレス無い生活を送る秘訣

地方や田舎への移住を考えたととき、いきなり「ど田舎」や「全く知らない土地」へ行くのは不安や抵抗があるかと思います。
・仕事はどうしよう?
・家族や友人と中々会えなくなる?
・生活スタイルが大きく変わりすぎて不安。。
・田舎独自の人間関係が疲れそう。。

このような疑問や不安を持つ方も多いでしょう。
移住はある意味『人生の岐路』です。

どんな都市に移り住むかでその後の人生が大きく変わります。
移住前に望んだ形ならHappyですし、「こんなはずじゃなかった…」と悩むと苦痛になってしまいます。

そうならないために『移住』について、少し知識を得ておくことをおすすめします!

 

特に、都心部から地方への移住を考える時には、「田舎すぎない、ちょうどいい地方都市」がオススメです。
いきない、「ど田舎」に行くのは、これまでの生活とあまりにも違いが大きすぎて戸惑いの方が大きくなることでしょう。

ちょうどいい地方都市の魅力

まず、ちょうどいい地方都市とはどのような都市なのか説明します。

この言葉自体は、本サイトで使っている造語なので明確に定義がある訳ではありませんが、
・都心/都会まで1時間以内で行けること
・土地代が安く、生活費を抑えることができること
・買い物や病院など生活インフラに不自由が無いこと
・一次産業以外の仕事も充実していること
・人口が多くなく、主要幹線道路を除けば閑静な土地が広がっていること
・高速道路や電車、空港など交通インフラがあり、移動が用意であること

などの条件が揃っている地方都市を「ちょうどいい地方都市」と呼んでいます。

 

都会へのアクセスは重要

今の生活を一度、リセットして180度生活を変えたい。という強い想いを持って地方移住を目指す方は除きますが、地方移住を検討されている方の中には、「仕事と生活の両立」を目指す人も多いと思います。
となると、仕事の拠点となる都市部へのアクセスは非常に重要です。

テレワーク/リモートワークが進んが近年、毎日の出社は必要無いかもしれませんが、週1〜2の打ち合わせや会議などで、都心に通う必要がある方も多いでしょう。
そこで移住先を選ぶ時に重要になるのが「都心へのアクセス」。
1時間以内に通えるかどうか?を一つの目安にしてください。

仕事を変えずに生活拠点を地方にするという方は、特に都会へのアクセスは重要です。

 

生活インフラは必ずチェック

地方都市であっても、病院や商業施設、観光地、レジャースポットなどの生活インフラは必ず必要です。
都心に比べて数が少ないことは否めませんが、必要なものが近くにあるか?何かあった時に不便しないか?も都市を選ぶ重要な基準になります。

九十九里エリアの生活インフラはGoogleマップでエリアガイドを作っていますので、こちらを参考にしてください。
このようなマップを手に入れておくと、後から確認もしやすくなりますね!


ガイドマップの使い方はこちらの記事からご覧ください。

 

地方都市なら一次産業以外の仕事も充実

田舎への移住と聞くと、
仕事は農業や漁業や林業などの一次産業。生活は自給自足が基本。
というイメージはありませんか?

いえいえ、決してそんなことはありません。
仕事を変えなくても、地方都市にも仕事はたくさんあります。
会社が少なく、一次産業が地域の主たる産業の場合は別ですが、ある程度仕事の数があるかどうかも重要な視点です。

 

その他、一般的に移住のメリットといわれるもの

地方移住のメリットとして、一般的に言われるのは下記のような点です。

・自然に触れる機会が多い
都会とは違い豊かな自然に触れられます。高いビルやマンションはなく、見渡す限り山や海、田んぼや畑といった景色が広がっています。

・産直食材が手に入る
移住先にもよりますが、新鮮な食材が簡単に手に入ります。

・通勤ラッシュがほとんどない
電車通勤で疲れ切っている人にとっては最大のメリットかもしれません。
しかし、電車の本数も少なく不便さもあります。

・「移住者支援制度」などの利用が可能
地域によっては移住するとメリットが多い場合があります。
移住支援プロジェクトなどを確認しましょう。

・家賃や土地が安い
都会と比べると信じられない金額で住める家がたくさんあります。
都会の駐車場代で一軒家に住めることは当たり前のレベルです。

・待機児童が少ない
小さいお子さまがいる家庭なら大きなメリットといえるでしょう。
人口の少ない地方都市では待機児童はほぼいないと言ってもいいでしょう。

 

移住を成功させる秘訣ってあるの?
移住を成功させるために欠かせないポイントは「現実を知ること」です。

 

まずは、地方での生活を体験してみることも大切

シングル移住以上に慎重に検討すべきは、家族で移住することです。
子ども連れで移住となれば保育所や学校の問題も出てきます。
家族それぞれのライフスタイルもある程度決まっていなければ、前は見えてきません。

移住先から通学できる小学校を調べ、数年先に通うであろう高校までリサーチしておくべきでしょう。
移住してから直面するであろうさまざまなパターンをシミュレーションしておくことで、大きな問題に発展することなく乗り越えていけます。

 

一人で移住でも家族で移住でも、とにかくまずは旅行・観光でも良いのでその都市を訪れてみることです。
実際に移動してみて、肌で街の空気を感じるとこれまで見えてこなかったメリット・デメリットが見えることもあります。

移住を決めて実際行動に移すとなると…希望に満ちている反面、不安もあることでしょう。
移住体験などを行っている自治体もあるので、そのような制度を活用することも方法の一つです。

 

地方での生活について、何か不明やことや不安がありましたら、移住ナビにもお気軽に相談くださいね。
あなたの移住ライフをサポートさせていただきます。